今世紀最強の資格、10億円の遺産相続資格の取り方とは?

猛毒の親戚!?薬にも使われるビタミンBの異端児「ナイアシン」

ビタミン

猛毒の親戚!?薬にも使われるビタミンBの異端児「ナイアシン」
  • 稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう
  • 世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。
Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録

以前、脂溶性であるビタミンAの過剰摂取や水溶性のビタミンBなら過剰摂取の危険は低いことを述べましたが

ビタミンBの中でも一風変わった特徴を持つナイアシンについては、過剰摂取に気をつけたいところもあるので、ちょっとまとめてみました。

ニコチンが親戚!

ナイアシン (Niacin) は、ニコチン酸とニコチン酸アミドの総称で、ビタミンB3 ともいう。

出典 http://ja.wikipedia.org

ニコチン酸やニコチン酸アミドはビタミンですが、猛毒のニコチンと親戚でもあるんです。
「毒薬変じて薬となる」というわけでもないでしょうが、不思議な感じですね。

ナイアシンの働き

ナイアシンは主に以下の働きをしてくれます。
・皮膚を丈夫にする
・神経細胞に栄養を与える
・胃や腸など消化器の働きを高める

ナイアシンはビタミンB群として、ビタミンB2と同じく糖の代謝も受け持っていますが、
ナイアシンの場合、エストロゲン、テストステロン、コルチゾン、インスリンなどの重要なホルモンの合成にも必要なため、B2以上に補給する必要があります。

ナイアシンを多く含む食べ物

ゴマ、アーモンド、ピーナツ、イワシ、カツオ、アジ、マグロ、タラ、レバーなどに豊富に含まれています。
他のビタミンBと比べ熱に強く、調理の過程でそんなに失われることが無いのでありがたいですね。
ただ、水溶性ビタミンでもあるので、魚介鍋などにする場合は、具だけでなく汁もしっかりいただきましょう♪

ナイアシンが不足すると?

口内炎・舌炎・皮膚炎など皮膚に関する症状から、うつ・イライラなどの精神障害、胃腸障害・下痢などが挙げられます。

ナイアシン欠乏症として有名なのは「ペラグラ」という病気で皮膚の色がどす黒くなり、つやが無くなり、皮も落ちてきます。
また、胃や腸の働きも低下し下痢をしやすくなり、最終的には神経が侵され頭が働かなくなることも。

逆に、過剰摂取してしまうと?

ナイアシンをはじめとするビタミンB群は水溶性なので、多く摂っても余分な量は尿などですぐに体の外に出ていきます。
なので、普通に食事から摂取する分は摂り過ぎを気にする必要はありません。

気を付けなければならないのは、サプリメントや薬から大量摂取する場合です。
特にナイアシンは薬に使われている場合もあり、肝臓や胃に障害が現れたり血糖値も高くなる症状も見られるので注意が必要です。


「薬も過ぎれば毒となる」ことわざの通りですね。



ナイアシン以外にも過剰摂取にちょっと気をつけたいビタミンB群があります。
以下の2サイトが簡潔に説明されていてとても分かりやすいので、
ざっと目を通しておくだけでもしておくと良いですよ。

今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法
1
  • 指先一本で成り上がる世にも奇妙な稼ぎの仕組みとは?
  • 5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ
今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

今世紀最強の資格、10億円の遺産相続資格の取り方とは?

月別アーカイブ

今世紀最強の資格、10億円の遺産相続資格の取り方とは?